2006年06月16日

寄りかかるもの

人は基本的に寄りかかれるものを探してしまうものです。

それが、会社名というブランドだったり、
資格というお墨付きだったり、
人それぞれ様々です。


しかし、ドラッカーも言うように、
「人類史上、初めて人間の寿命より組織の寿命の方が短い時代」
が訪れました。

せっかく寄りかかっていたのに、
いつの間にか大樹の幹は腐敗していて、
もはや倒れるのも時間の問題となる・・・。

そうなってから自分の足で立とうとしてももう間に合いません。
すでに足腰が弱って、自分の力で二足歩行は困難です。


資格もそうです。

いつの間にか資格がかもし出す後光は見破られ、
オズの魔法使いのように、
ただのハゲおやじが正体を露呈します。


我々は何を支えとしてビジネスの世界を生きていけばいいのか?

前回から述べているように、
それは”実績”でしかありません。

会社名でもなく、肩書きでもなく、
プロジェクトで何らかの貢献を残した実績が、
個人のブランドとしてあなたの人生に刻印されていくわけです。

その実績を積み重ねていくうちに、
何にも寄りかからずに自分の足で一歩一歩前進していける人間に
なるわけです。

歳を取るごとに味が落ちるワインになるのか、
ビンテージとしてグレードが上がるのかは、
この違いです。


リーダーは寄りかかるものを必要としません。

自分の持つ、素晴らしい理念と、実績に裏打ちされた自信という
大腿二頭筋によって、何もない荒地を歩んでいくことが、
リーダーの本質です。

何かに寄りかからずに、
自分価値をどれだけ信じられるか?

それもリーダーの資質の一つということです。
posted by ターレス今井 at 00:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(6) | リーダーの仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

評価ではなく成果を目指すこと

〜なぜ、今は肩書きの時代ではなく、実績の時代なのか?

前回のブログで、
今の時代は、組織上の肩書きを追い求めるのではなく、
プロジェクトを通じて、実績を積むことに注力すべきだと書きました。

今回は、このことについて触れたいと思います。


肩書きを得るために必要なことは、
上司や人事部からの「評価」です。

ある程度大きくて、余裕のある会社の場合、
評価を得るためには、仕事で結果を残すことよりも、
「仕事がデキル」という”印象”が大切です。

成果主義が広がったとはいえ、
成果が反映されるのはボーナスの査定程度。

出世するかどうかの決め手は、
その人の(見た目の)能力が今でも9割がたを占めます。


こういう状況に置かれると、
多くの人は”失敗せず、そつなくこなすこと”
に重きを置いて行動してしまいがちです。

大企業に勤める頭のいい人は、もともと能力が高いので、
会社の中でずっとやっていくのならこれで問題ありません。

しかし、ひとつの会社、一つの部署での評価は万能ではありません。


部署が変わった場合や、転職の際にもうまくアピールできませんし、
独立するときにも、後ろ盾とはなりません。

会社からの評価は、何かのはずみで一瞬のうちに価値を失います。


今は、個人の時代なのです。
いろんな仕事のつながりも、最後は個人の実績がものを言います。


永久に価値があるのは、評価ではなく成果です。

プロジェクトの中で、自分が成し遂げた実績。
これが役に立つのです。


「あなたはどういう人ですか?」

と聞かれたとき、

「○○株式会社の課長でした」

では、答えになりませんが、

「○○のプロジェクトでリーダーとして××を達成しました」

という答えなら、相手を納得させることが出来ます。


転職時の経歴に書くことも出来ますし、
独立したときには、自分のプロフィールを実績で脇を固めることもできます。


あなたも、わざわざ遠回りして評価を求めるのではなく、
プロジェクトで成果を上げて実績を作って下さい。

なんとなくそつなくこなして来た。
ではあなたは一体何者なのか?

そんなビジネスマン人生なんて、楽しいと言えるでしょうか?

それよりは、何か一つでも実績を上げて、
オレはこういう人間だとアピールするものを持ってください。

失敗して評価を下げることを恐れずに、
成果になりそうなことにどんどんチャレンジするべきなのです。

posted by ターレス今井 at 23:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リーダーの仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。